うちでは金網タイプのすのこトイレを使っています。モカもラテもマルカンうさぎのフード付きトイレで育ちました。特にモカは、お尻の毛が長く、糞尿が絡まりやすいので衛生面ではすのこトイレは助かっています。そして、このトイレの金網は他のトイレと比べて目が細かいのです。子供のショコラは体重400gを超え手足が充分大きくなってきたので、すのこから足が脱落しないのを確認し、ケージ内にトイレを設置しました。


1日中トイレにいるわけではありませんし、今のところはうちのモルは問題ないですが、足が脱落することはなくても、「足底潰瘍」になる可能性はゼロではありません。(※モルモットが長時間固い素材の上を歩くと足が腫れ、悪化すると「足底潰瘍」になることがあります)でも通気性や衛生面を考えるとすのこははずしがたい...そこで、このトイレをどうにか改造して「清潔を保ちつつモルモットの手足に優しい」仕様にできないかと考えてみました。その結果が、これです。

こんどは「モルモットが手足を休めつつ清潔を保てるトイレ」をDIY!

要は、ホットスポットの3コーナー以外は金網である必要がないんですよね。そこが一番モルちゃんの手足に触れやすい場所なので、そこを柔らかい敷物でカバーしてあげれば潰瘍になるリスクを充分に下げられるのでは、と思いました。

うちでは、洗えるトイレシーツ、スーパーエコシーツのSサイズを1/4にカットしたものがちょうど良い大きさだったのでそれを敷いています。スーパーエコシーツなら万が一ホットスポットをはずしておもらししちゃっても被害はありませんし、便利です。


さらに、すのこのつまみにひっかけられるよう切り込みを入れてみました。

こんどは「モルモットが手足を休めつつ清潔を保てるトイレ」をDIY!

これだけでシーツがはずされることはありません(今のところ)。ヘアクリップ等で止められればいいんですが...。ちなみに、いたずら好きなモルちゃんに固定していないシーツを与えるとこうなりますので...w

獣医さんいわく、牧草や布などの明らかにフワフワしたに限らず、プラスチック等の素材でも充分モルちゃんの足に優しく、潰瘍対策になるそうです。タオルなどの布類をどうしてもかじっちゃうモルちゃんがいる場合は園芸用のプラスチックすのこ等をホットスポット以外のエリアにピッタリはまるようカットしても良いかもしれませんね!

※あくまでも個人的な研究ですので、これが「正解」というわけではありません。モルちゃんの足が充分に大きく、金網のスキマから脱落しないことが分かっている方で、さらに衛生面を考えてすのこをどうしてもはずしたくないという方にオススメしたいトイレのアレンジ方法を紹介させて頂きました。ご理解頂けるようお願いいたします。